ファクタリングという新しい金融サービス

subpage01

近年、融資とは違った形で、より手軽に資金を調達できる手法として注目を集めているのが、ファクタリングと呼ばれる金融サービスです。

債権の流動化によって経済環境を活性化するという国の施策とも合致する面を有していることもあって、急速に普及が進んでいます。

ファクタリングのサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

ファクタリングをひとことで言うなら、売掛債権の買取サービスということになります。


多くの企業においては商取引を行う際は掛取引の形式を採用していますが、その際に発生する売掛金は経理上は未収の債権として処理されます。


この債権を金融業者に譲渡し、その対価をキャッシュで得るというのが基本的なサービスの概要です。


ファクタリングは担保を必要とせず、また保証人も通常は不要です。


さらに、売掛先の信用度が高ければ自社の信用度に多少の問題があっても利用できるため、銀行などの事業融資を受けるのが難しい小規模事業者などでも利用しやすいという特徴があります。


審査に要する時間も融資に比べると短い場合が多く、最短なら申し込んだその日のうちに現金化することも可能です。支払い期限がまだ到来していない売掛債権を現金化するため、ファクタリングを利用すると売掛金を予定より早く回収したのと同等の効果が得られることになります。



そのため、事業継続のためのつなぎ資金を獲得するなど、短期的なキャッシュフローの改善を目的として利用するのに適しています。

利用時には手数料がかかり、年利換算すれば融資よりも高水準となるケースが多いですが、借入れではないため当然ながら利息を返済する必要はありません。