小規模な個人事業主が利用できるファクタリング比較法

subpage01

ファクタリング業者はたくさんありますが、それぞれで買取ができる売掛金の最低額が決められています。

ファクタリングの比較に関する情報が満載のサイトです。

10万円の契約でも1000万円の契約でも契約にかかる手間はそこまで大きく変わらないため、小口の対応ばかりをしているよりも大口の顧客に絞ってサービスを提供したほうが、ファクタリング業者も利益を上げやすいからです。


しかし自営業をしている人やフリーランスの人ではまとまった金額の売掛金が存在しないこともあります。

最低利用額が掲載されているかどうか比較し、持っている売掛金で利用できるかチェックしてから申し込みをしましょう。
利用額が小さいと大口の契約と比較して手数料が高くなる可能性もあります。


いくつか売掛先があるのであれば、審査のときにどれが効率よく買取をしてもらえるのか確認すると良いです。



知名度の高い企業のほうが手数料を抑えて現金化できる可能性が高くなります。
債権譲渡登記があるかどうかも確認しておきましょう。2社間ファクタリングでは基本的には取引先に売掛金を現金化したことがばれませんが、記録として残ってしまうため、何かのタイミングで発覚する可能性があります。債権譲渡登記を保留にしてくれる業者もあるので、融通が利くかどうかなど、契約周りのルールの比較も重要です。

安全に利用するためには、利用する側がファクタリングの安全性や注意すべきことを把握して、悪い業者に引っかからないように気を付けながら利用しなくてはなりません。