2社間ファクタリングのデメリット

subpage1

取引先にバレないため利用しやすい2社間ファクタリングですが、大きいデメリットもいくつかあります。


それが手数料の高さです。業者はリスクを考慮して手数料を決定しますが、3社間ファクタリングと比較して2社間ファクタリングは一度取引先から契約者へ入金が行われます。

ファクタリングの専門サイトのココです。

そのタイミングで少なからず使い込みが発生する可能性があり、資金を回収できなくなる可能性があるのです。


多くの企業の振り込み日は決まっており、同時に支払日も決まっているものです。
振込先銀行と引き落とし銀行が同一になっていた場合、意図しなくても振り込まれた瞬間に引き落としが走ってしまい、使い込みになってしまうこともあるのです。



手数料は売掛先の企業の信用や初回の利用なのかどうかにももりますが、20%近くかかってしまうこともあり、何度も利用していると余計に資金繰りが悪化する原因にもなります。申込者に税金や年金、保険料のような社会保険料の支払い滞納があると審査に通らなくなるのもデメリットでしょう。



こうした料金は裁判所の許可なしにいきなり差し押さえることが可能になっています。
運が悪く振り込まれた日に差し押さえにあうと、こちらも同じく使い込みをしたような状態になってしまうのです。


そのためファクタリングを利用するときは必ず税や年金、保険料の滞納がないか確認されます。


嘘をついたとしても確認するすべはありませんが、もし取引先からの入金日に差し押さえが発生してしまうと業者に支払うことができなくなり、最悪債権譲渡したことが取引先に通知されてしまいます。

ファクタリングの知っておきたい情報

subpage2

近年、融資とは違った形で、より手軽に資金を調達できる手法として注目を集めているのが、ファクタリングと呼ばれる金融サービスです。債権の流動化によって経済環境を活性化するという国の施策とも合致する面を有していることもあって、急速に普及が進んでいます。...

next

初心者向きファクタリング

subpage3

ファクタリングは法整備の整っていない業界のため、悪質な業者もかなりの数が存在しています。ファクタリングを成功させるかどうかは、まず業者を比較するところから始まるのです。...

next

ファクタリングの納得の真実

subpage4

昨今の情勢において、企業の経営者の方にとってはきわめて厳しい局面が継続しているものと考えられます。特に中小企業は営業活動の縮小による現金収入の減少が、会社存続を左右する影響を与えるケースが少なくないものと言えます。...

next

ファクタリングのコツ

subpage5

ファクタリング業者はたくさんありますが、それぞれで買取ができる売掛金の最低額が決められています。10万円の契約でも1000万円の契約でも契約にかかる手間はそこまで大きく変わらないため、小口の対応ばかりをしているよりも大口の顧客に絞ってサービスを提供したほうが、ファクタリング業者も利益を上げやすいからです。...

next